不妊の原因は女性だけの問題ではない|夫婦で解明しよう

先生

治療や検査は必ず夫婦で

女性

女性だけの問題ではない

妊娠したくても出来ない夫婦は、とても多くいます。そして、どうしても女性側にも原因があるという考えは未だに根強く残っています。統計の結果、不妊の原因は、実は男性女性ともに半分ずつ原因があることが分かっています。男性のみに問題がある場合、女性のみの場合、そして、両方の場合もあります。よく不妊治療には、女性だけが検査に来ることが多いです。後々、原因は男性側の精子の状態にあることが分かることもあります。男性も、年齢を重ねたり、特定の病気によって無精子症になることもあります。これが検査によって分かるケースは非常に多いです。しかし、男性としては、婦人科での検査に抵抗がある人がいます。本当に子供を望むなら、夫側の理解と協力が必要になってきます。

治療次第で妊娠は可能

もし男性側に不妊の原因がある場合、精巣に問題が無いか検査することになります。乏精子症の場合は、精子の数や運動率に問題があります。しかし、元気な精子もいることが多いです。この場合は、人工受精などで卵子までの距離を縮める治療が可能です。一方で、無精子症の場合は、射精によって自然妊娠を行うのは難しいです。この場合は、精巣の中に精子がいるかどうか検査をします。生殖可能な精子がいれば抽出します。その後、体外受精や顕微受精で受精卵を作ることが第一歩になります。男性にとっては、体の中のナイーブな部位の治療になります。しかし、女性側も薬を飲んだり、毎回診察台に乗ったりと、ストレスは大きいです。不妊治療は、互いに励まし合って向き合うことが大切です。

赤ちゃんと母体の健康

医者

葉酸はお腹の中の赤ちゃんの正常な発達や母体の健康を助ける大切なものです。野菜が苦手な方や、外食の多い生活をされている方などは葉酸不足になりやすいため、いつでも手軽に摂取できる葉酸サプリを上手に活用しましょう。

もっと読む

バランスの取れた食事を

妊婦

赤ちゃんの健康のためにも、妊婦さんはしっかりと栄養バランスを考えて食事する必要があります。特にカルシウムは、妊婦さんが蓄積したものを赤ちゃんに使ってしまうので不足しがちです。このカルシウムはヨーグルトや牛乳などに多く含まれるので、卵や干しシイタケに含まれるビタミンDと一緒に効率的に摂取しましょう。

もっと読む

夫婦で取り組む不妊対策

案内

不妊で悩む夫婦が増加している中で、妊活マカが飲まれるようになっています。ホルモンバランスや精子の働きを強める効果があり、夫婦で飲むとより効果的です。妊活マカのサプリを選ぶ場合は、産地や成分に注目するといいでしょう。

もっと読む